MENU

LPガスとボンベ交換のタイミング!料金が高いときの対処方法も

LPガスボンベの交換時期は各家庭で多少の違いはありますが、交換のタイミングは事前に家族数や使用機器等を把握するとそれほど難しくはありません。

 

運搬経費を安くするのは販売店の努力次第です。

 

LPガスの交換は1ヶ月ごと?地区ごと?

 

LPガスボンベの交換は地域により多少違いはありますが、近年はほとんどメーターがついて使用量だけの支払いになります。

 

ボンベの交換はおおよその使用量がボンベ1本分になる家庭をまとめて交換します。

 

LPガスは以下のような仕組みになっています。

 

メーター付きで使用量を払う(基本料、使用量を払う)

 

メーターなしで残量を月末に報告する(基本料が安い)

 

ボンベを自費購入して自分で使用量を管理する(基本料金はない)

 

今は1つめのメーター付きで使用量を払うパターンが最も多いです。

 

そのためガスが残っているのにボンベを交換されるケースは少なくなっているといえます。

 

LPガスボンベの交換は業者が使用者の手を煩わせることなく交換しますが、この場合基本料が発生します。

 

しかし昔はボンベが空になるころに連絡して交換してもらう方法でした。

 

しかしこの方法はボンベにLPガスが残った状態で交換されるのですが、料金に納得できない人がいてメーターを取り入れたいきさつがあります。

 

残量確認しないボンベは以下のようなトラブルが起きています。

 

ガス代はボンベ1本の単価で購入する(基本料金は不要)

 

残量があるのにボンベ交換されるトラブル

 

トラブルのあった人はメーター付きに変わる

 

近年ボンベのLPガスだけを購入する人は少なくなっていますが、今でも使っている人はよほど良心的な業者さんと取引しているのでしょう。

 

LPガス業者は理由をつけて料金を高くしようとしますが、中には真面目で地域の顧客と良心的な商売をしているところもあります。

 

ただしボンベにメーターがない場合には余計にボンベ交換されて費用が高くなっていることもあるので注意が必要です。

 

LPガスボンベの交換時期のタイミングは?

 

LPガスボンベの交換時期は各家庭でばらつきはありますが、業者は顧客のデーターを取って適切な交換時期を把握しています。

 

ボンベ交換時期の目安は以下のようになっています。(4人家族の例)

 

コンロのみ使用

 

1ヶ月    4㎥使用

 

20kボンベ  2ヶ月~2.5か月

 

コンロ+湯沸かし器使用

 

1ヶ月    10㎥使用

 

20kボンベ  1ヶ月から1.5ヶ月

 

コンロ+給湯器(風呂、台所)

 

1ヶ月    20㎥使用

 

50kボンベ  1.5か月~2ヶ月

 

ガス販売店はこれらのデーターを元に管理していますが、販売店はデーターがなければ顧客からの苦情が殺到するでしょう。

 

LPガスを使う人は1週間に1度はガスボンベの点検ができると残量と使用量がわかり少しは無駄な使い方は減少するでしょう。

 

LPガスボンベの交換には在宅が必要?

 

LPガスボンベの交換は使用者が立ち会う必要はありません。

 

LPガス販売店はデーターを元に交換時期を把握して顧客に迷惑をかけることはまずないでしょう。

 

LPガスの最大のデメリットはガス切れですが、良心的で誠実な業者は以下のように対処しています。

 

各家庭に2本のボンベを設置している

 

1本の容器が切れるともう1本の容器から自動的に供給される

 

普通の家庭なら2本のボンベで最低2ヶ月使用できる

 

LPガス業者はボンベを交換するのは1本で空になったほうだけ交換します。

 

この交換方法であれば顧客にガス切れの迷惑かける心配がないからです。

 

業者はどこも同じと考えてはいけません。

 

良心的でそれでいて誠実な業者選びは使用者に取って欠かせない必須事項です。

 

LPガスの値段が気になる場合には実はガス業者も交換できる

 

LPガスはいかなることも心配のない使い方は業者の選定です。

 

LPガス販売店はガス事業者が同じならどこでも同じと考えてはいけません。

 

中には必要以上高い料金設定をしている販売店も多くあります。

 

販売店はガソリンスタンドと同じと考えると理解できるはずです。

 

販売店は以下のようなことが実際に起きています。

 

同じ使用量でも料金が大幅に変わる

 

料金が高いのに不親切な説明

 

契約家庭ごとに料金が違う(不明朗会計)

 

LPガスが同じなら最安値店で購入するのがベスト

 

LPガス使用者は良心的な販売店を探すことがより経済的ですが、良心的で誠実な販売店の見分け方は手掛かりがなく途方に暮れるでしょう。

 

このような場合はこのページの下のほうで紹介している一括見積もりサイトで最安値業者を探すことが重要です。

 

多くの人から好まれているのは良心的で最安値ですが家計が楽になったと話題になっています。

 

LPガスを劇的に安くする方法



LPガスはガス会社を実は変更して安くすることができます。


今のガス会社と交渉していったん安くなっても知らないうちにまた値上げされてしまうので、価格交渉はおすすめしません。


enepiの一括見積もりで価格比較

一番安いガス会社に変更する

という方法が面倒な手続きもなくLPガスの価格を安くする方法となります。


⇒ プロパンガスの無料一括見積もりはこちらから